ビル経営に自信

まち・ビル・人をつなぎ、新たな価値を創造する

エアコン清掃

少しづつ暑さが増した7月中旬、ようやく梅雨明けと思っていた、ちょうどそのころ、テナント様のエアコンが排水異常を出し、エアコン停止。 猛烈な暑さを前に、すぐさま業者さんに連絡を入れ対応をお願いしました。不幸中の幸いで、7月の中旬で助かりました。これが8月頭になると業者さんに来てもらうのも、10日後なんてざらで、8月頭でも盆明けの対応になったりします。 8月中ですと、テナント内が暑くて営業中でもお客さ […]

LED

従来の蛍光灯が2020年に製造を中止します。蛍光灯や蛍光灯の部品が徐々になくなりつつあり、家電販売店の中ですでに販売を取りやめている所もあります。 先日、テナント様より蛍光灯を変えたが、チカチカが治らないという連絡が入りました。この場合、ほぼほぼ、蛍光灯本体の中にある「安定器」という部品の交換が必要になります。設備関係の業者に連絡を入れましたが、既に安定器の取り合いが始まっており、すぐに入荷は難し […]

大規模修繕

弊社事務所が入っているビルの大規模修繕が始まりました。 東京都心はどこもそうですが、神田界隈もビルが多く立ち並び、ビルとビルの隙間が30センチしかない、というビルがあちらこちらにみえます。 大規模修繕は屋上防水と外壁の補修を主に行います。どのビルも正面は足場を組んで外壁のタイルを交換したり、シールの打ち換えなどを行います。しかし隣のビルと30センチしか隙間がないと足場が組めません。 そのような場合 […]

【オープン】コマツ 神田西口商店街

弊社の管理物件で新しいお店がオープンしました。 博多の名店、東京初進出です。 なんといっても売りは、 博多名物や季節限定の絶品料理を食べられます。ワイン、焼酎や日本酒は九州産にこだわり、珍しい銘柄にも出会えるかもしれません。 あえて手を入れない内装デザインでアットホームな雰囲気を演出、おいしい料理とお酒でリラックス、また立ち飲みスペースもありますので気軽に立ち寄れます。 コマツ 神田西口商店街 東 […]

神田まつり

5月10日から三日間 神田で一番のイベント 神田祭りがありました。今年は、皇紀二千六百七十五年五月一日天皇陛下御即位奉祝記念です。 各町会から神輿や山車が出て、神田周辺がとてもにぎわっていました。ちなみに神田明神のHPによると、弊社事務所がある鍛冶町2丁目の神輿は・・・ 鍛冶町二丁目町会の神輿は、昭和9年、神田神社の再興に伴う祭礼に併せて、宮大工の手により作られました。大きさは、台輪寸法2尺6寸で […]

ビルのリニューアル

空ビルを買った時や、雰囲気を変えてテナント入居に繋げたい時にお勧めなのがビル全体のリニューアルです。 ビルの価値が向上し、賃料UPや入居率UPなど、多数のメリットを得る事が出来ます。大規模修繕工事の延長として、お考えいただければと思います。 弊社の事例 築35年のRC構造、見た目ボロボロ、雨漏れ個所多数、設備はとても古く、内覧したお客様も少し引いていました。居抜、1F、駅前の好条件でしたがテナント […]

物件探しています

現在弊社では、自社で運用する為の収益物件を探しています。 JR新橋駅 東京駅 神田駅 秋葉原駅 御徒町駅 上野駅  銀座線 三越前駅   東西線 神楽坂駅  駅から5分以内  利回り6%以上  築古、検済なし、境界不確定 OK 皆様からの情報をお待ちしております。

連結送水管の耐圧試験

連結送水管 とは 連結送水管とは、高層ビルや地下街などに設置されている消防設備です。高層ビルなどの火災では、消防車からの放水では建物内部の消火活動に限界がある為、建物の各階に配管設備と放水口を設けたものが連結送水管です。 以下の建物に設置が必要になります。 ・地階を除く階数が、7以上の建築物。 ・地階を除く階数が、5以上で、延べ面積が6000㎡以上の建築物。 ・地下街は1000㎡以上。 連結送水管 […]

賃貸情報 神田西口ビル別館

3/1 追記   契約完了しました。 好立地、空きが出ました!!! 人通りがある商店街沿い。 物件が目立つ角地。 大きく取れます 看板スペース。 現在、半スケルトン状態ですので、自由度の高い設計が可能な物件となっております。 FCモデル店舗、新業態のテスト店舗、新規事業用店舗に最適です!!! 神田駅徒歩4分 西口商店街沿い 角地 間口広い  東京都千代田区内神田2-11-8 ファーマシービル 1F […]

~町名由来シリーズ~ 神田須田町編

須田町

現行行政地名は神田須田町一丁目及び神田須田町二丁目で、住居表示に関する法律に基づく住居表示は、 町名のあたまに「神田」が付いているので未実施町です。 江戸幕府が編集した「御府内備考」によると、神田川右岸の農村地帯は、この界隈は須田村と呼ばれていたと書かれています。 江戸初期の慶長年間(1596年~1615年)に、この界隈を中心に「神田青物市場」の起源とされる野菜市が開かれたこともわかっていて、神田 […]