大規模修繕

大規模修繕

弊社事務所が入っているビルの大規模修繕が始まりました。

東京都心はどこもそうですが、神田界隈もビルが多く立ち並び、ビルとビルの隙間が30センチしかない、というビルがあちらこちらにみえます。

大規模修繕は屋上防水と外壁の補修を主に行います。どのビルも正面は足場を組んで外壁のタイルを交換したり、シールの打ち換えなどを行います。しかし隣のビルと30センチしか隙間がないと足場が組めません。

そのような場合は、ロープを使って上から降りながら作業します。よくビルの窓ガラスを掃除しているあれです。

今回の大希望修繕でどうしても施工したい場所があるのですが、隙間が30センチしかなく、どの業者も狭くて出来ないと言われましたが、今回お願いした業者は隙間が30センチあれば施工可能という事でしたのでお願いしました。

本当にできるのかと思い、工事が始まり現場で見ていると、ホントにロープ一本で降りていき外壁の工事をやっていました。本当にすごい業者さんです。

まだ工事が始まって数日なので、またレポートしていきたいと思います。