受水槽ポンプの交換

受水槽ポンプの交換

弊社の事務所が入っているビルで起きた事例。

突然と水道の水が止まった。

蛇口をいくらひねっても水がでないので、トイレを流す。

数回流したのち、トイレの水も止まってしまった。

異常がおきているのは、誰でもわかりますが・・・

どこでどのような異常が起きているのかを知るには?

答えは簡単、受水槽関係の警報盤をみればいいのです。

その盤を見れば、どの辺に異常が出ているのかが一目瞭然。

盤を確認したところ、高架水槽減水の警報が発砲していた。


高架水槽減水 という事は、屋上のタンクに水が送られていないという事になり水を組み上げるポンプの故障という事がわかる。

メーカーに点検を依頼し実施した所、圧漏れがあり水が送られていなかった。 モデルが古かったため、本体の交換を余儀なくされた。後日、本体の交換、古くなっていたチャッキ弁を更新して一件落着となった。

普段から、受水槽や高架水槽の警報盤の位置を確認しておきましょう。